公務員試験短期合格メソッド内容 | 公務員試験短期合格メソッド~公務員試験の勉強方法~

公務員試験短期合格メソッドの内容について(8)

【全公務員対応】公務員試験短期合格メソッド~難問がスラスラ解けてしまう学習方法&10の裏技~

【全公務員対応】公務員試験短期合格メソッド~難問がスラスラ解けてしまう学習方法&10の裏技~

 
 
【全公務員対応】公務員試験短期合格メソッド~難問がスラスラ解けてしまう学習方法&10の裏技~

公務員試験は憲法、民法、行政法など・・・範囲が異様に広く、その教科も奥深いものばかり。これらの教科の勉強が中心となる司法書士や弁護士であれば最低10年近くかかってしまうのです。

そんなな教科だからこそ、曖昧な問題しか作れないのです。

だからこそ裏技が使えるのです。

公務員試験の「裏技」とは、「出題者がどういうふうに正解を隠しているのか」を見抜く方法を指します。

ここであなたに裏技の説明をするよりも、実際に内容を見ていただいた方が一目瞭然で一発で理解して頂けると思います。

そこで実際に裏技のの一例をあなたに公開したいと思います。

以下は実際の裏技マニュアルからの抜粋です

“常識的な知識で問題は解ける”

公務員試験の問題の多くに、本文を読むまでもなく、選択肢をみれば誤選択肢をだすことができることができるのである。

どう考えても常識的におかしいものや、偏見を持った選択肢が正解になるわけがない。

”社会でまかりとおらないもの”が正答になることもありえないのである。

このように、選択肢内容を見れば、本文内の英単語の意味や、専門的な知識がなくても常識で正答か不正答かを見抜くことができることがあるのである。

憲法や民法などの問題などで例を挙げれば、国民の保護と反する内容の記述であればほとんどが不正解の選択肢である。

たとえば憲法の問題で、国民を保護する内容の文章と逆のことを言っている選択肢なんかは代表的な不正解の選択肢になります。

<憲法の過去問の例>

(1)生存権は社会的・経済的弱者を保護し、実質的平等を実現するために保障される社会権に属する権利であるから、国による侵害の排除を裁判所に請求できる自由権としての側面を持つことはない。

※実際に出題された選択肢です

⇒国民のための憲法が国民を保護しないはずがない

こんなことを堂々と正答にできたらただの恥さらしである。

正答になることは決してないのである。

この事例ではわかりやすい簡単な問題と解説で説明していますが、本マニュアル内には実際の出題問題を使って解説をしています。

マニュアルでしっかり裏技を身に着けてください。

説明している通り、出題者の意図を見抜いて、選択肢を見分けるスキルなわけですからほぼ全ての公務員試験に応用できるのです。

つまり、国家公務員でも、地方上級でも、裁判所事務官でも、国税専門官、労働基準監督官、防衛省職員、警察官でも・・・

すべての公務員試験において対応可能という事なのです。
 
 
>>公務員試験短期合格メソッド公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 

公務員試験短期合格メソッドの内容について(7)

【全公務員対応】公務員試験短期合格メソッド~難問がスラスラ解けてしまう学習方法&10の裏技~

【全公務員対応】公務員試験短期合格メソッド~難問がスラスラ解けてしまう学習方法&10の裏技~

 
 
◆公務員試験短期合格メソッドは以下の人にオススメです!!

•合格するための最短学習スケジュールを知りたい
どの教科から取り組むのか、合格者の王道を教えます。

•効率的な勉強方法・ノウハウを知りたい
効果的に知識を定着させる学習計画を教えます。

•公務員学校でしか教えてくれない丸秘情報を知りたい
公務員学校に通わなくても入手できます!!

•公務員試験の丸秘配点基準を知りたい
各種試験の配点・合格基準を教えます。

•公務員試験の出題科目と出題数を知りたい
公務員試験の出題に関する情報を提供します。

•合格者がオススメするテキストを知りたい
合格者がみな共通して愛用するテキストを大公開!

•テキストの効率的な使い方を知りたい
ただ学習するだけでは短期間で知識は定着しません!!

•時間をかけて取り組むべき教科と捨て教科を知りたい
効率的に学習をするには必ず覚えておきましょう。

•1次試験だけでなく2次試験対策を知りたい
最新の2次試験対策を伝授いたします。

•1次試験が全く突破できない
なにがダメで合格できないのかすぐにわかります。

•公務員試験の裏側を知りたい
試験の出題者の意図を学んで対策を知ろう。

•公務員試験対策の最後の追い込みに!!
試験ですぐに使えるノウハウ・テクニックを学べます!

•とにかく何がなんでも合格したい!!!

さらに公務員試験の裏側、各教科ごとの対策、過去問の比較、1点でも多く点数を取ることができる”マル秘”テクニック、専門論文や面接などの”マル秘”二次試験対策もお教えします。

あなたがこの短期合格メソッドを手に入れたときに、今まであなたが普通だと思ってきた勉強がどれだけ効率の悪い勉強だったか実感できるでしょう。

公務員学校に行かずとも、この公務員試験短期試験合格メソッドだけで・・・

「全ての公務員試験」に対応できるんです!!

公務員試験短期合格メソッドの”魅力”

•全ての公務員試験に対応できる勉強法が学べる
•何十万円もする公務員学校・通信講座の情報やテクニックが手に入る
•1点でも多く点数を取ることができる丸秘テクニックを学べる
•集団討論・面接・専門論文のテクニック学べる
•受験生としての心構えを学べる
•不合格者に共通する典型例を知る
•合格者に共通する正しい生活リズムとは?
•予備校、通信教育、独学などの各勉強法の長所と短所がわかる
•出題者の意図が透けて見える学習法が学べる
•過去問をやらなければならない理由がわかる
•早く暗記物を済ませるべき教科がわかる
•公務員学校の活用法を学べる
•高得点をとるための問題の解く手順を学べる
•2次試験の最新の情報、裏側を学べる
•最新の公務員対策を入手、学ぶことができる
•あなたが今まで不合格だった理由がわかる
•各種科目の対策、捨てる問題がわかる
•数的推理の裏技を学ぶことができる
•純粋にやる気が出る!・・・などなど。
 
 
>>公務員試験短期合格メソッド公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 

公務員試験短期合格メソッドの内容について(6)

【全公務員対応】公務員試験短期合格メソッド~難問がスラスラ解けてしまう学習方法&10の裏技~

【全公務員対応】公務員試験短期合格メソッド~難問がスラスラ解けてしまう学習方法&10の裏技~

 
 
公務員試験短期合格テクニックとは?

公務員試験には公務員試験向きの勉強方法やテクニックが多数あり、それらを知っているか知らないかでそのまま本番の試験の点数に直結する。

もちろん、本番で点数が取れないということは今まで勉強の時間が無駄になるということです。だからこそ、

もう苦労して勉強するのはやめにしませんか?

本番で点数をとればいい、そのための勉強方法をすればいいんです。

公務員試験に合格するために勉強するのではなくパスするための点数をとるために勉強するんです。

公務員試験合格者には共通した点があります。

国家公務員1種、2種、市役所、国税専門官、大学法人・・・

あらゆる公務員試験に合格した人にはみな共通した勉強方法があるんです。

確かに、その者の多くが勉強時間を多くとっているというのは間違いないでしょう。

しかし、「正しい勉強方法」に取り組んでいるから合格できるのである。

科目が多数あるということを逆手に取り他の受験生が間違った勉強方法をとっている中、効率的な勉強方法、そして知識がなくても選択肢を落とす、点数にする方法を紹介します。

公務員試験は倍率が20倍という難易度の高いの試験です。

人と同じことをしていたら不合格者という他大勢に入るだけ、最終合格へたどりつくまでに最も差がつくのは勉強方法のやり方です。

逆に言えば要領悪く勉強している人たちと差をつけるために勉強方法があるということ。

試験に合格できる人というのは、圧倒的な知識の量が絶対に必要ということではなく、答えを導き出すコツを知っているかどうかというのが大きく影響しているのです。

そこで私たち公務員試験対策室が、限られた時間の中で凡人が逆転合格するためにどんな方法で必要な知識をインプットし、勉強のテクニック・スケジュールなど、効率的な勉強方法を紹介します。
 
 
>>公務員試験短期合格メソッド公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 

公務員試験短期合格メソッド~公務員試験の勉強方法~ TOP » 公務員試験短期合格メソッド内容